安心・安全・健康へ

会社情報

安心・安全・健康へ

衛生面への取り組み

お客様に安全でおいしいお料理を提供するために、弊社では食品衛生責任者が工場や施設の衛生管理、従業員教育にあたっています。
また、働く従業員に衛生管理に関わる注意事項をまとめたマニュアルを配布し、食材の賞味期限管理の方法や保存方法、手洗いや身だしなみのルール、ダスター(清掃用具)の使い方などを指導しています。

工場ではこうした日常的な衛生管理に加え、定期的に厚生労働省が示している「大量調理施設衛生管理マニュアル」の勉強会を開催するなど、従業員の意識の疎通を図っております。また、危機管理啓発のためのポスターや手順書作成、安心、安全へのキャッチコピーの募集などにも取り組んでいます。

安心・安全・健康へ

安心・安全な調理法

健康管理食や加工食品は、冷凍やレトルト製品がほとんどですが、美味しい食事をお届けしたい思いからクックチル製法真空調理法を採用しています。

 

保存料や添加物を用いることなく、食感を保ち賞味期限を長くすることができ、いつでもできたての味を楽しんでいただけます。

健康に向けて

私たちは、福祉施設にお食事をお届けするにあたって、皆様の日々の健康も担っていると考えております。「心身ともに健全であること。」をモットーに、栄養バランスが良いのは当たり前と考え、まずは料理の原点の「美味しい」を重視して、「素材の引き立て方」・「季節感」・「盛り付けを意識した切り方」・「お客様に合わせた火の入れ方」を、シェフと管理栄養士で議論しながら日々レシピ開発しております。

 

「栄養がとれても美味しくない。」では心の健康は保てません。

栄養バランスはもちろん、美味しい楽しい時間を過ごすことで、笑顔が生まれ、会話が生まれる。

それこそが健康に過ごしていくために必要なことではないかと考えております。